肩こりがなくどんな服も入るので楽ちんです。

胸が小さくて良かったと思う事は、胸の重さによる肩こりがないことです。
子供を産んで授乳している時に75㎝くらいもちろんAカップの私の胸が、パンパンになってDカップくらいになりました。とにかく深めのお椀がボン!ボン!と胸についているようで、自分でもびっくりしました。
重さが半端じゃなくて、水風船に水がパンパンに入っているものが二つ胸に貼り付けられている、そんな感じで胸が大きいとはこういう感覚なのか・・・とびっくりしたものです。
思っている以上に重いのでとにかく肩が凝るし、着る洋服も選ばなければなりません。
スリムな感じの洋服だと、胸ばかりがピチピチに強調されてしまい、ちょっといやらしい感じになります。
そして襟ぐりの広い服も厳禁です。ちょっとした洋服のズレや前かがみの姿勢で、胸の谷間がすぐにみえてしまうからです。
胸が目立たない緩めの洋服を選んでも、男性からの視線も凄かったです。

こんなに苦労した胸ですが、授乳が終わるとしゅるしゅるとしぼんで、元の大きさになりました。
胸が小さいとこんな苦労をしなくて良いので、本当に胸が小さくて良かったと思っています。
mune7

カテゴリー: 良かったところ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です