胸が小さくて良かったこと

mune12
Aカップより大きくならないまま、思春期を終えてしまいました。周りには、胸が大きい人が何人かいて、その人たちと話すときについつい胸に目がいってしまいます。「あんな風に大きかったら人生違ったかな」と考える時もありましたが、今思えば胸が小さくて良かったなと思う点がいくつかあります。

まず、胸が大きめの人は、特別太っていなくても少し大きめの服を着なくてはならないので、実際より太めに見られてしまうという欠点があります。そういった意味で胸が小さい人は、服選びの選択肢が広がるというメリットがあります。

他には、走る時の胸の揺れ具合が、胸が小さいのであまり揺れずに済みます。特に学生時代に胸が大きかった人は、体育の授業で走る時に、胸をじろじろ見られたり、揺れた時にかなりの痛みが生じたりと嫌な思いをして辛い経験をした人もいるようです。胸の成長が早いと、周りの人より早くブラジャーを付けなければならないので、学生時代は大変な思いをした人が多いと思います。
何より、ブラジャーにかかる値段が安くて済むのもありがたい点です。小さめのブラジャーは、たくさんのデザインから選べるのでお得です。

カテゴリー: 良かったところ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です